PR広告を含みます。

【感情とイマジネーション】小アルカナ“カップ”とは?

cup One step(初訪問の方へ)
この記事は約6分で読めます。

こんばんは🙂

6月に入り、

今年も半分の月日が過ぎようとしています。

時間が過ぎるのは

なぜ

こんなにも早いのでしょうか?

1日1日を大切に生きているのかと考えると

自信を持って生きていると言えない自分がいます😓

もっと自分の心に正直に生きていきたい。。

みなさんは

どんな半年を過ごされたでしょうか?

お時間あれば

気軽にコメントください🙂

前回から

小アルカナのスート(四要素)

“ワンド•ソード•カップ•ペンタクル”について

ひとつずつ解釈していきたいと思います👀✨

今回は

“カップ”☕️です。

タロット🃏78枚の中でも、

小アルカナのカップの絵柄を見ると

にっこりするような喜びを感じます🥰

このカップは

一体どのようなメッセージが込められているのでしょうか🙂

さっそく

解釈していきたいと思います🏃‍♀️💨

西洋思想の中心“四世界構造”

タロットカード78枚は

西洋思想の“四世界構造”から

成り立っています🔼

四世界構造は

紀元前五世紀の古代ギリシアの自然哲学者エンペドクレスさんが

提唱したもので

人間の精神構造は四要素から成り立っていると考える思想です。

ここであげられる四要素は

四つの自然物を象徴しています。

それは

火❤️‍🔥

水💧

風(空気)🌬️

地🌏

です。

タロットカードにある

ワンド🪵

ソード⚔️

カップ☕︎

ペンタクル🪙

この四要素に対応しています。

この中でも

カップ☕️は

水💧に対応しています。

カップと感情

カップ☕️は

人間の精神性の中でも

感情、愛情、想像、夢などを現しています。

四元素の水に象徴されるのは

感情といった

心の奥底から湧き上がる人間の想いです。

カップは

人間が生き残るために、瞬時のうちに判断する本能とも言える精神面を象徴しています。

人生の中では、思考や理論付けを行なって判断しても、生き残ることができないことがあります。

例えば

判断する時間が限られており

じっくり考える時間量が足りないため、思考ではベストな判断ができない場合があります。

人間社会で他者と関わり合い、生き延びていく人間にとって

誰と関わるかということは、

生存にダイレクトに影響する問題です。

しかし、

出会いというのは

“一期一会”という言葉があるように、

一瞬の出来事です。

この人と関わると

自分の望むものが得られるのか

不利益を受けるのか

といった判断は、一瞬のうちに行われることになります。

それは

一瞬のうちに湧き起こる感情が担っていると言えるでしょう。

感情任せの判断は当てにならないと思われますが

意外と的を得ていたりします。

感情は

自分の求めているものに対して

正直に反応します。

自分の心に正直に生きるキーポイントになるのが感情です。

小アルカナのカップに入った美しい水は

私たちの純粋な大好きという想いそのものですから

その絵柄を見ると

喜びを感じるのでしょう🥰💕

カップの意味

水はどこまでも一体になる性質があります。

一滴の雨水が集まっていくと

水たまりとなり

川となり

海になります🌊

そして

海の水は

蒸発し

雲となり☁️

再び

一滴の雨水へ戻っていきます。

人間の心も

一人一人の想いが集まり

一体となって社会を変えていきます。

そして、その社会が私たちの心と交わり

再び感情が生まれます。

生物を潤す水のように

人を思いやる心は、人の心を潤します。

洪水が起こるように

人々のデモが起こります。

そのような感情を

私たちの心の器(人それぞれの価値観や人間性)の象徴であるカップによってすくい上げます。

カップの水は

カップを持つ人によって全く異なります。

全てと一体になる可能性を秘めていながら、

その人の手にある感情(愛の形)は

唯一無二、同じものはないのです☺️❣️

感情がイマジネーションを産み、一体化する

人を思いやる心は

感情を伴うイマジネーション(想像)が産み出すものです。

自分の感情(一滴の水)が

他者の感情(一滴の水)を想像すると

感情を共有し

一体化します。

私の個人的な解釈ですが

愛とは“一体化すること”だと考えます。

ですので、

カップの絵柄から

水が溢れている場合は

相手や周囲と一体化したい、大好だというメッセージだととらえています。

カードが逆位置になれば

カップはひっくり返り

器の中に水を満たすことはできません。

小アルカナは、人間の心や日常を表すカードですので

愛を失う、気持ちが褪せる、感情を落ち着けるといった様な意味を読み取ります。

しかし、

大アルカナの節制のカードでは

(大アルカナは、神の意思を現しています。人生におけるキーポイントになるような出来事や心情の変化を象徴します)

天使の持つカップからとめどなく水が溢れています。

それは

天使自体が愛そのものであり

器の力は無限大ですから、器がどのような向きになろうと

水は溢れ、動きを伴います。

(【大アルカナの節制】のカードについては、また別の機会に解説します👼)

大好きという感情に正直に生きることほど

幸せなことはあるでしょうか☺️

カップのカードが展開された時は

目の前の損得はさておき、

まずは、

“自分の心に正直に生きる”

そのことを意識していきたいですね😌❣️

ここまで、読んでくださって

ありがとうございます☺️🍀

みなさんのおかげで、なんとか頑張っています☺️💦🙏❣️

みなさんにとって

今日が素敵な一日となりますように🕊️🙏🍀

👍💘🌟

業界最安級!月額1,518円〜ギガ放題が利用できるカシモWiMAX

コメント

タイトルとURLをコピーしました